閣議決定

何が閣議決定されたのかと思ったら
毎日新聞のこの記事によると

「自民党の複数の議員が反社会勢力の構成員と記念写真を撮っていた
問題を追及されている安倍晋三首相は10日、
「反社会勢力の定義は社会状況によって変化するため、統一的に定義することは困難」
という答弁書を閣議決定した」そうですね。

いくら野党がだめだめだからと言っても
私たちは本当にこの人がいつまでも総理大臣でよいのかを
真剣に考えたほうがいいと思いました。

閣議決定って何のためのものでしょう。

桜を見る会だけでなく、閣議決定まで首相の私的なものになっていませんか。

こんな時代に生きていることがいまとても怖いです。